2016年07月20日

ものづくりの街

関東地方では梅雨開け宣言が出ていないようですが、雨の日が少なくなり、夏の日差しが痛くなってきましたが
如何お過ごしでしょうか?
これから夏本番!熱中症などには十分気を付けましょう!

さて、そんな中私は先日、ものづくりの街へ行ってきました。
そこは、JR秋葉原駅と御徒町駅の間の高架下で運営している商業施設「2k540」。←読み方:ニーケーゴーヨンマル

IMG_1934.jpg

「ものづくり」をテーマに、様々なジャンルのお店が約50店舗軒を連ねております。
高架下とは思えないオシャレな内装となっており、お店や、柱、通りが全て白で統一されており、独特な雰囲気で不思議な空間です。

IMG_1936.jpg

作り手が直接販売していたり、製造過程が見えたり、工房とショップが一つのお店になっていて、売り物一つ一つに愛を感じました。
洋服雑貨や、インテリア、フィギュア、日本文化香るアイテムなどいろんなジャンルのお店がありますので、一つ一つ覗いてみるのも面白いです。
神田から歩いても行けますので、お店にお立ち寄りの際は、是非行ってみて下さい。ちなみに、色鮮やかで涼しげな透明感のあるカフリンクスも販売しておりました。
気になった方は是非!!!


posted by 安藤 at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

バーズアイのコットンスーツ!!

梅雨明けが待ち遠しいですが、皆様如何お過ごしでしょうか?
これから夏本番!クールビズの影響でシャツとパンツのコーディネートになりがちだと思いますが、この季節ならではのジャケットパンツ、ベストパンツ等のコーディネートをお楽しみください。

さて、この度私自身の新作スーツが仕上がって参りましたので、この場をお借りしてご紹介させて頂きます。

R0055040.JPG

使用した生地はレディース服地用として取り扱われております「コットンバーズアイ」。
コットン98%の素材特有の生地感と、程よいストレッチを可能にするポリウレタン2%が入った混紡素材です。動きやすさと、コットン特有のゴワゴワ感を堪能出来、カッチリした雰囲気になります。生地の肌触りは、3PLYのようなハリコシがあり、モヘアのような雰囲気があり、着ているとコットン素材ということを忘れてしまいます。
コットンでは珍しいバーズアイと、生地の光沢、独特な色味に心奪われ今回仕立てました。
各ディテールは、ブリティッシュトラディショナルをイメージして、
◼︎上着◼︎
・3つボタン段返り
・チェンジポケット付き
・サイドベンツ
・袖口本切羽3つボタン
・0,5cmピックステッチ

◼︎パンツ◼︎
・インタック1本
・脇ナナメポケット
・ベルトレス仕様(帯幅6cm 2ボタン止め)
・裾口ダブル(4,5cm)

◼︎ベスト◼︎
・6×5ボタン

春夏シーズンでブラウンは珍しいですが、ここはあえてブラウンで、さらにベスト付きで仕立てました。
上着を脱いでベスト・パンツのコーディネートや、グレー系のパンツと合わせてジャケパンや、ベストパンツもグッドです。

R0055042.JPG

今回の着用写真はブルーのクレリックシャツに濃紺のドット柄のネクタイですが、シャツを濃い目のブルーにして鮮やかな紺系ネクタイを合わせて清涼感を演出するのもオススメです。

そしてパンツはインタック1本で腰回りはベルトレス仕様にして、クラシックなイメージにしてみました。
すっきりシルエットのノータックから、程よいゆとりの入ったワンタックが流行りつつありますので、皆様も是非お試しください(^○^)/

R0055045.JPG

自分好みの生地と、ディテールで他にはないオリジナルなスーツを仕立てられるのもオーダーならではですので、皆様のご来店お待ちしております。
posted by 安藤 at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

祭!!!

6月も後半になり暑い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか?
梅雨の時期にも関わらず晴れの日が続いておりますね。
小まめに水分補給して熱中症にお気をつけ下さい。

さて、そんな中私は夏の大イベント「お祭り」に行ってきました。
夏といえばお祭りですが、私自身お祭りに行ったのは4、5、6、7、8年振りくらいで、久しぶりにワクワクワイワイしてきました。
場所は、夢と魔法の王国が広がる千葉県浦安市で、その名も「浦安三社祭」。

IMG_1826.jpg

浦安市は、三つの村が合併して出来た市で、昔は各村で祭礼が行われていたそうです。当時は各神社の仲が悪く、祭りになると各村の人々が喧嘩を繰り広げ、大暴れしていたそうで、別名「喧嘩神輿・暴れ神輿」としても有名だったそうです。
しかし、戦後になると、街全体の沈んだ空気を少しでも明るくさせようと市民が一致団結して祭りを陽気な雰囲気に生まれ変えていったそうです。

IMG_1833.jpg

お祭りが楽しいイベントとして参加出来ているのも、昔の人たちが残してくれた文化があってこそなんだなあと思いつつ、屋台でたこ焼き、焼きそば、大阪焼を堪能してきました。

IMG_1828.jpg

お祭りの主役、神輿!!!
IMG_1842.jpg
細部に拘り抜かれた職人さんの技術が、力強い雰囲気を醸し出しております。


posted by 安藤 at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする