2017年06月05日

縫製現場を一部ご紹介です。

6月に入り、夏が近付いてきましたが如何お過ごしでしょうか?
夏に入る前に梅雨がきますね。
梅雨といえば、湿気・・・
湿気といえば、天然パーマ・・・
毎年この季節になると、天然パーマな私の頭はメデューサのように
なり悩まされております。

そんなことは置いといて、先日終了しました池袋東武百貨店「男のこだわり大バーゲン」、
たくさんの方々にお越し頂き、無事終了しました。
ありがとうございましたm(_ _)m

ご注文頂きました商品は、現在青森の縫製工場にて作成中ですので
完成まで楽しみにお待ちください(^ ^)

IMG_2492.jpg

ご注文から約1か月で1枚の生地から、製品になりお客様の手元に渡る間には、
たくさんの人の手によって完成されます。出来上がってくる製品を見ると
完成までのプロセスを想像し感動します。
今回は普段見れない縫製工場の現場少しご紹介しますので、是非皆様も想像して
見て下さい。

R0013388.jpg
★こちらは生地裁断後に各パーツを縫い、次のパーツを縫う人に流れる工程です。

R0013393.jpg

R0013404.jpg
★一人一人がミシンを操り縫っております。製品はミシンで縫われておりますが、
もちろん
ミシンを操作するのは人です。

R0013405.jpg
★各パーツを縫い上げた後、1着1着プレスを行います。

R0013406.jpg
★一枚の生地を裁断して、各パーツを縫い上げてようやく製品になります。

1着のスーツが完成するまでには、約250工程あり、この250工程を
約230人の手によって完成されます。
当たり前のように出来上がってくる製品にも、たくさんの人の手によって作られていることを
想像すると限界くるまでプライドを持って大切に着ようと考えさせられます。
posted by 安藤 at 12:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

百貨店催事が始まります!!!

柔らかい春の陽気が、心地よく肌を通り抜ける季節となりましたが如何お過ごしでしょうか?早いもので桜が散り始め、緑の葉が夏の気配を感じさせる今日この頃、4月も半ばを過ぎようとしておりますね。

さて、そんな中、毎年恒例の「池袋東武百貨店 男のこだわり大バーゲン」が開催されます。

w_top.jpg

【催事期間】
■期間:5月10日(水)17時〜5月16日(火)20時
■場所:池袋東武百貨店 8階催事会場

そして、インターネット限定企画として、上記期間前の事前予約を承っております。
生地在庫がなくなる前に、是非ご利用下さい。
また、インターネット限定企画の特別価格でのご提供や、今回初めて取り扱うウォッシャブル生地もございますのでこの機会をお見逃しないようご利用下さい。

【インターネット限定早期ご予約期間】
■期間:4月13日(木)〜5月7日(日)
■下記ページより詳細等のご予約を承っております。
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/892

本格的な夏の到来前に、お早めにご利用下さい!
皆様のご来店お待ちしております!!!

そして!!!
只今、オーダースーツのヨシムラでもこの季節にピッタリな企画を行っております!
その名も、「シャツ&パンツフェア」!!!

トーマスメイソンやカンクリーニ、アルビニ等のインポート生地でのお仕立ては、
なんとなんとの1枚2,500円引き!!
パンツはなんとなんとなんと1本20%引き!!!
クールビズが始まる前にお早めにご準備してみては如何でしょうか?
シンプルなコーディネートになるこれからの季節は、シャツとパンツに拘ってお洒落を楽しみながら夏を乗り越えましょう!!!
posted by 安藤 at 09:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

9日までです!!!

4月に入り、桜で彩られた街並みが春の雰囲気を醸し出しておりますが
如何お過ごしでしょうか?
日本ならではの楽しみの一つであります「お花見」、皆様は行かれましたでしょうか?

さて、桜が咲き始めている中、先日私はとある回顧展へ行ってきました。
その回顧展の名は・・・

「DAVID BOWIE is」

IMG_2447.JPG

英国を代表するアーティスト、デヴィッド・ボウイの50年間に渡る創作活動を振り返る回顧展で、直筆のスケッチや衣装、写真、映像など展示されており、さらにヘッドフォンを付けて、デビッド・ボウイの音を聞きながら回ることができ、目と耳で楽しめる展覧会で、見所満載です。

この回顧展を見るまで、デヴィッド・ボウイに関して、「奇抜なグラムロックミュージシャン」としか思っておりませんでしたが、ところがどっこい。
ミュージシャンでありながら、音楽家の枠を超え、ファッションやアート、文化、パフォーマー、画家など多才で非常に興味深いアーティストであることがわかりました。
独特な方法での曲作りや、ステージ、衣装等、セルフプロデュースでいろんなことをしちゃう人物、リアルタイムで感じたかったと思いました。

また、回顧展の中で気になったのは、奇抜な衣装で、特にアレキサンダー・マックイーンがデザインしたユニオンジャックのフロックコートが抜群にカッコよかったです。
そして、山本寛斎がデザインした漢字がプリントされたケープも奇抜で面白かったです。

「乱暴に言葉を吐く者」を意味して、
「出火吐暴威」→デヴィッド・ボウイ

最高です。

9日まで回顧展を行っているようですので、興味のある方は是非行ってみては如何でしょうか?
ちなみに、オーダースーツのヨシムラでも9日まで「トランクショー(ヴィンテージクロス)企画」を行っております。

IMG_2456.JPG

ヴィンテージの生地感は、現代では希少性のある素材となっておりますので、この機会をお見逃しないよう、皆様のご来店お待ちしております。
posted by 安藤 at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする